政治と宗教の関りから観る学問の限界と完全学問の必要性

政治と宗教の関りから観る学問の限界と完全学問の必要性

学問の限界

安倍元首相の銃撃事件以降、連日のように流れている政治と宗教の関係についてあなたはどう感じていますか?

宗教のイメージは日本では悪く、信用できない人が多いと思います。これは世界では珍しいことで、宗教を信仰している人は秩序を守る人として信用されると言われています。

宗教は世界観を整理整頓することで一人ひとりの心に平和を与えることができるなど、良い点も沢山あります。しかし、信仰する宗教が違うことで起きる宗教戦争は、今でも終わりません。正義と正義の衝突。知っている世界と知っている世界の衝突が終わらないのです。

宗教だけではありません。数学・哲学・科学がこれだけ発達しても戦争は無くなるどころか、核爆弾が開発されるなどますます酷くなる一方です。
それだけではありません。時代が進み物質的には豊かになりましたが、情報過剰で目先に忙しく、余裕がなくなっている人が多く、精神的な豊さは失われている人が多くなりました。

このまま時代が進めば宗教戦争は終わるのでしょうか?
科学技術が進化したら、人の精神的に豊かになるのでしょうか?

何が間違えているのでしょうか?
何が本当の問題の原因なのでしょうか?

それは「今までは不完全学問だったからだ。学問が間違えている。」と言っている人がいます。それが、21世紀の悟り人令和哲学者Noh Jesu氏です。

完全学問の必要性

学問とは、知識体系や知識を学ぶ行為です。
学問の発達により、問題発見がしやすくなり不便を便利に変えることができるようになり、理想を現実に変えて行くことができるようになります。

では、今までが不完全学問だったとはどういうことでしょうか?
それは出発の原点がわからないことです。

人間とは何か?
生きるとは何か?
宇宙はどのように始まったのか?
なぜ始まったのか?

その出発がわからないことで、何かしっくりこない。完全になれない。
心理学者に心を問うても、全世界がなっとくできる答えが無い。
数学者に数を問うても、全世界がなっとくできる答えが無い。

本当は一番知らなければならない、本質的な問いを人は避けてきたのです。
だから学んでも学んでもわからなくなる。学んでも学んでもしっくりこない。どこまでいっても99.9999…%で、100%にはならない。

この不完全学問の限界を補う学問が完成されました。
それが完全学問nTechです。

完全学問では、出発原点がわかります。

人間とは何かがわかる!
生きるとは何かがわかる!
宇宙はどのように始まったのかがわかる!
なぜ始まったのかがわかる!

それだけではなく、心や数がわかるので、あらゆる分野に活用応用することができます。その完全学問を完成させたのが、宇宙一美しい奇跡の数式「0=∞=1」、Amazonでも1位を獲得した「心感覚」の著者である Noh Jesu氏です。そして、それを誰もが使えるように教育体系化に成功したことで、多くの人が完全学問を使えるようになりました。

完全学問を使えるようになることで、学ぶのが楽しい!生きるのが楽しい!人が好きで好きでたまらない。人間本来の無限の可能性を発揮し、二度と誰も殺すことができない人間になります。そんな人間が全世界に溢れることで、二度と戦争が起きない社会も実現できるのです。

下記動画でも、完全学問の必要性を語られているのでぜひ観て頂きたいです。

『ノ・ジェスが語る、宗教の限界とそれを補う完全学問とは?~今チャンスが到来している日本に向けてのメッセージ~ 』
https://youtu.be/tbYBO86cU58

そんなNoh Jesu氏は、韓国人という言う理由だけで、統一教会ではないか、新興宗教なんじゃないのかと27年間疑われ続けてきました。その噂に対して、Noh Jesu氏が2010年にblogを書いております。

『2010.09.23 ある私に対しての噂「Noh Jesuは宗教者か」 』
http://www.noh-jesu.com/column/593

そして重要なのは、この完全学問は日本から広がるということです。
無意識的に宗教の限界がわかっているため、宗教を悪のように観る日本。世界的な危機に立ち上がり、今までの概念を手放すことを集団で決断できる日本だからこそ、この不完全学問の限界を突破し、完全学問を世界に広げ、二度と戦争が起こせない世界を創れるのです。
そのムーブメントを起こすターニングポイントとして、完全学問に共感や可能性を感じたSAMURAI1000人が結集するイベントが2022年8月15日に行われます。

今までの不完全学問の限界を突破する完全学問で、 日本から新しい時代を一緒に創っていきましょう。

★ご連絡先は下記のメッセージへ♪お気軽にご連絡ください^^
Facebook

  • 前の記事
    最終戦争

    最終戦争 2022.07.10

  • 次の記事

    記事がありません